肥満のリスクを香りで予防する!現代人にこそ知ってほしい匂いの効果

コラム, 香るブレスレットの香りコラム

現代人にとって、肥満は大きな問題となっています。
食べ物が豊かな現代で食事をコントロールするのは、とても難しいこと。
多忙な生活の中では、運動習慣を付けるのも簡単ではありませんよね。
実は、肥満のリスクは香りで予防が期待できます。
香りなら嗅ぐだけで効果を得られる可能性が高いので、特別な努力も必要ありません。
それでは、肥満のリスクを香りで予防できるメカニズムとその方法についてご紹介します。

肥満が現代病になっている3つの理由

肥満傾向にある人が増えている理由は、現代の生活習慣にあります。
そもそも、肥満の主な原因は運動不足と高カロリーな食事の過剰摂取です。
肥満を予防するためには、なぜそうなっているのかを冷静に分析してみる必要があります。

運動不足を招きやすい社会

まずは、運動不足の問題についてです。
時代とは関係がないようにも思えますが、そんなことはありません。
日本は、世界的に見ても交通が発達している国の一つです。
綺麗な道路に分かりやすい標識、1分の遅れも許さない精密な公共交通機関の運営…。
交通事情が優れているので、私たちは車や電車移動を大きなストレスなく行えていますよね。
これは素晴らしいことですが、一方で、便利すぎる社会は私たちから運動の機会を奪っているともいえます。
また、日本人は「世界一忙しい人種」だと言われるくらい、長時間労働をしていることでも有名です。
プライベートの時間が少なく、心に余裕を持ちにくいのが日本の現代人の特徴。
便利で多忙な生活が、運動不足を招きやすい社会を形成してしまっているのです。

美味しい食事の誘惑が多い

食事管理は、肥満を予防するうえで欠かせない項目です。
しかし、豊かな現代には美味しい食事の誘惑が多いため、
欲望をコントロールするのは至難の業ではないでしょうか。
仕事やプライベートのストレスを過食で解消しているという人も多いので、
ただ食欲を抑えればいいというわけでもないのが難しいところです。

また、最近ビジネス界で話題になっているのが、「香りマーケティング」というもの。
香りをビジネスに活用するという手法ですが、
実は、私たちは知らないうちにこの戦略に引っかかっている可能性があります。
例えば街を歩いていると、美味しそうな焼き立てパンの香りが漂ってくることがありますよね。
ダイエット中で炭水化物は控えようと意識していたのに、思わず立ち寄って購入してしまった…。
そんな経験は、ありませんか?
もちろん、全てのお店が香りマーケティングとして、意図的にやっているとは限りません。
ただ、香りによって空腹感が増し、食べ物の誘惑に乗ってしまったことは事実です。

このように、香りには私たちの脳に大きな影響を与えて、意思や気分までをもコントロールする力があります。

人工的な香料が食欲を刺激している

最後は、人工的な香料による悪影響についてです。
ジャンクフードは依存性があると言われていますが、
その秘密は食品に使用されている「合成香料」に関係があるかもしれません。

香料とは、食品に香りと味の一部を付与する食品添加物のことです。
人工的に作られた「合成香料」と天然の素材から作られた「天然香料」の2種類がありますが、
前者には少し注意が必要です。
合成香料は、自然から抽出していないものを使うため、
どうしても成分や香りがきつく、不自然なものになってしまいます。
果汁1%しか入っていないはずのジュースから、
なぜか美味しそうなフルーツの香りが強烈にするのは、この合成香料によるものです。

「人工的だから危険だ!」という主張は短絡的すぎますが、
問題は、香りの効果を用いて食欲を必要以上に刺激しようとしている企業が多いということ。
合成香料には依存性の高い成分が入っていることも多いので、
肥満のリスクを予防するためには、無視できない情報です。

肥満のリスクは香りで予防できる

香りには、脳にダイレクトに影響を与える力があります。
アロマセラピーという香りを用いた代替医療もあるくらいなので、
上手く活用すれば食欲を抑えることもじゅうぶん可能です。
肥満のリスクを香りで予防できるメカニズムについて、ご紹介します。

自律神経を整える

肥満とストレスは、深く関係があります。
人はストレスが溜まると、何らかの方法で発散しなくては生きていけません。
その発散方法の一つが「過食」であり、お腹が空いているわけでもないのに
大量の食べ物を摂取してしまうという、健康にも良くないやり方です。
この過食をやめるには、ストレスへの根本的なアプローチが必須。
ストレスが溜まっている状態というのは、自律神経が乱れている状態でもあります。
自律神経を整える方法はいろいろとありますが、香りはかなり効果が期待できる方法の一つ。
精油の成分は、鼻の中の細胞を刺激してそのまま脳へ伝達、
自律神経系に作用するところまで到達するため、すぐに効果を実感できる可能性大です。
心地良い香りは一瞬嗅ぐだけでも癒し効果があるので、
健全にストレス発散をしたいときに活用しない手はありません。

脳を錯覚させて満腹中枢をコントロールする

満腹中枢とは、脳の視床下部にある中枢神経のことで、食欲を調整する働きがあるのが特徴です。
この満腹中枢を上手く刺激して食欲を抑制できれば、肥満のリスクはかなり予防ができます。
では、どうやって刺激をするかですが、
実は香り(嗅覚)で満腹中枢を満たすことは不可能ではありません。
脳は、意外と錯覚を起こしやすいもの。
例えば、甘いものを食べたい時にバニラの香りを嗅ぐと
スイーツを食べたような感覚になり、満たされるというような例があります。
食欲を0にすることはできませんが、食べる量が減るだけでも肥満予防には効果的。
香り(嗅覚)が脳にダイレクトに作用するという特徴を活かして、賢く脳を騙す方法です。

肥満のリスクを予防するのにおすすめな香り

香りの力で肥満のリスクを予防するためには、効果のある匂いを選ぶことが大切。
最後に、肥満のリスクを予防するのにおすすめな香りをご紹介します。

バニラ

バニラのような甘い香りは、スウィーツ欲を満たすのにおすすめです。
さらに、バニラの香りには精神を落ち着かせて、鎮静してくれる効果も。
空腹で眠れないときにに香りを嗅げば、睡眠導入にも役立ちます。
夜間の暴食予防にもなる優れものです。

ペパーミント

ペパーミントの香りは、食欲を撃退してくれる効果が期待できます。
爽やかで良い香りですが、強烈な清涼感があるので、空腹を紛らわしてくれるというメカニズム。
ペパーミントなどハーブ系の香りには、老廃物を排出してくれるデトックス効果も。
気分転換にもぴったりな香りなので、職場用としてもおすすめです。

グレープフルーツ

グレープフルーツは、「ダイエット効果が期待できる」と有名な香りです。
香りには自律神経を整える成分が多く含まれているため、

  • 食欲抑制
  • 脂肪燃焼促進
  • 腸の働きを活発にする

など、肥満のリスクを予防するのに最適な要素がたくさんあります。
(特に、食欲抑制の効果が大きいようです。)
クセのないさっぱりした香りなので、性別や場所を問わず誰でも活用できるのもメリット。
オレンジやレモンなど柑橘系の香りであれば、同じような効果が期待できます。

まとめ

肥満は、怠惰な生活習慣だけが原因だと思われがちですが、決してそんなことはありません。
便利で豊かな現代社会に生きているからこそ、コントロールが難しい問題です。
肥満のリスクを軽減するためには、無理のない予防方法を実行することが大切。
香りには、脳にダイレクトに影響して、自律神経や満腹中枢までをも刺激する力があります。
意思の力だけで食事管理をするのは難しいので、香りなどの力には積極的に頼るのがおすすめ。
自宅ならアロマで、外出先なら香水やフレグランスアクセサリーを使えば、
どんな状況でも香りによって肥満のリスクを予防できるようになります。
過度なダイエットや我慢は、心身の健康を損なうことになりかねません。
「少し、気分転換をしてみよう。」このくらい楽な気持ちで、
香りの効果を日常に取り入れてみてくださいね。

あなただけのVANACCIを手に入れよう

公式オンラインストアにて好評発売中!

購入はこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧