【初心者必見!】今さら聞けない香水の正しい使い方

香るブレスレットの香りコラム

すれ違ったとき、ふんわりいい香りがする男になりたい。
でも実際は香水が苦手だし、さりげなくつけるにはどうしたらいい?

そんな悩みを抱えている人、必見です!
今さら聞けない、香水の正しい使い方をご紹介します。

香水の正しい使い方とは?

香水には正しい使い方があるのはご存知ですか?
むやみにシュッシュとかければいい訳ではないのです。

香水には「パルファン」「オーデパルファン」「オーデトワレ」「オーデコロン」の3種類があり、それぞれ香りの持続性や濃度が違います。

「パルファン」は、香水の中でもエタノール濃度が1番高く15〜30%、香りも強めです。香りの持続時間は5〜12時間。汗の匂いを消すくらいの強さなので、飲食店などには向いていません。

「オーデパルファン」のエタノール濃度は10〜15%、香りの持続時間は5〜12時間です。オーデパルファンはパルファンを少し薄めたような控えめなイメージ。

「オーデトワレ」のエタノール濃度は5〜10%、香りの持続時間は2〜5時間です。オーデトワレの「トワレ」は、化粧水という意味があり、パルファンに比べると気軽につけられます。

「オーデコロン」のエタノール濃度は1〜5%、香りの持続時間は1〜2時間です。とっても軽い香水なので、初心者さんにぴったりです。持続時間が短いため、長時間のお出かけの際は何度か付け直す必要があるかもしれません。

1度につける量はどれくらい?

香水をつけるとき、どれくらいプッシュしていますか?ついシュッシュッシュと、つけ過ぎてしまいますが、香りがきついと周りに迷惑をかけてしまうので要注意。

通常の香水であれば、1〜2プッシュがちょうどいい量です。

また、長年同じ種類の香水をつけていたり、香水つけてから時間が経つと、自分自身がその香りに慣れてしまうので、「香りがしなくなった」と錯覚してしまうことがありますが、周りにはきちんと香っているので追加でつけるのは控えましょう。

逆に自分がしっかり香るレベルの香水の強さは、周りからしたら「香水のつけすぎ」と思われてしまうこともあるので注意してください。

香水をつける正しいタイミングは?

基本的に香水を出かける前につける人が多いかと思いますが、香水をつける正しいタイミングはいつなのでしょうか?

香水は、つけてから香りが消えるまでの段階を「トップノート」「ミドルノート」「ラストノート」の3段階に分けます。

「トップノート」は香水をつけてから5〜10分間の1番香りが強い時間帯のこと。つけた瞬間の香水そのままの香りが楽しめる時間帯です。トップノートが長いものでも20分前後で、すぐに香りが変わってしまいます。

「ミドルノート」は香水をつけてから30分〜1時間の香りです。香水が1番魅力的に香るのが、このミドルノートの時間帯と言われています。香りがきつすぎず、ふわっとしたちょうどいい香り方です。

「ラストノート」はいわゆる残り香で、香水をつけてから2〜3時間後の時間帯をいいます。同じ香水でも、つけた人の体臭や体温によって香りが変化するのでラストノートでの香り方が変わってきます。

香水を魅力的につけたいときは、30分前につけるのがちょうどいいです。きつい香水が苦手な方は、出かける1時間前くらいにつけると、出かける頃にはふんわりとした残り香を楽しむことができます。

好きな香りの強さに合わせて、香水をつけるタイミングを変えてみてください。

場所によって印象も変わる!香水の付け方とは?

香水をつけるタイミングがわかったところで、今度は香水をつける場所を考えてみましょう。

一般的には手首や首元などにつけることが多いかと思いますが、香水はつける場所によって香り方が変わってきます。

香水は体温で温められることで蒸発して、じわじわと香りを放つ特徴があります。ふわっと良い香りを漂わせたい場合は、体温の高い場所に香水をつけると良いです。

さらに、強く香らせたいときは鼻に近い上半身、ふんわり香らせたいときは下半身につけると良いと言われています。

場所別に香り方や注意点をご紹介します。

耳の後ろや首元

体の中でも体温が高い耳の後ろや首元は、しっかりと香水の香りが引き立つ場所です。風や日光に当たらず、香りをキープできるので、強めに香らせたいときは耳の後ろがおすすめです。

ですが、これらの場所はつけすぎに注意です。自分ではなかなか気づけないですが、つけすぎると香りが強くなり、不快な思いをさせてしまうかもしれません。

耳の後ろにつけるときは直接スプレーを吹きかけるのではなく、指先に取ってなじませるくらいがちょうど良いです。

腕や手首

太い血管が通っていて体温が高く、動きが多い手首に香水をつける人が多いのではないでしょうか?手首につけた香水が動きとともに上半身全体にふわっと香ってくれます。

また腕や、肘の内側などもおすすめの場所です。
大切な腕時計に香りを移らせたくない人は、腕や肘につけると良いでしょう。

半袖を着る夏場は、香りが直接広がるのでつけすぎに注意。

胸元

左側の胸元にシュッとひと吹きすると、脈動とともにふんわり香ると言われています。

ハグをしたときに良い香りがするので、デート前には胸元に香りを仕込ませておくと良いかもしれませんね。

ただ、胸元は汗をかきやすい場所でもあるので夏場は要注意。汗と混ざって、香水本来の良い香りがしなくなる可能性があります。

激しい運動をする日や、真夏など…たっぷり汗をかくようなときは控えましょう。

足元

意外かもしれませんが、足元は香水をふんわり香らせたいときにおすすめの場所です。

香水は下から上に香りが上がってきます。さらに下半身は鼻から遠いので、香りが上がってくる頃には良い感じに中和されてふわっと香るのです。

太ももの裏側や、膝の裏側、足首などにシュッとひと吹きしておくと、後々ふんわり香り始めるのでおすすめ。

強い香りが苦手な方や、さりげなく香水を香らせたい人は足元につけてみてください。

香水が台無しに…こんな使い方は要注意!

「あの人香水臭いな…」と思ったことはありませんか?

香水は正しく使えばとっても良い香りですが、使い方やつける場所を間違えると、匂いが強すぎて周りに不快な思いをさせてしまうので注意が必要。

いまさら聞けない香水のNGな使い方をご紹介します。

汗のかくところはNG(脇、足の裏)

先ほど体温の高い場所につけると香水はじわじわ香りを放ち出すと説明しましたが、「汗のかくところ」はNGです。

香水はその人の体臭や温度によって香りが変化します。汗の匂いと混ざることで、せっかくの良い香りが台無しになってしまうのです。

頭・脇・背中など、汗をかきやすく、蒸れやすい場所へ香水をつけることは辞めましょう。

服はシミになるのでNG

出かける前に服に向かって香水をシュッシュ。なんてしていませんか?

香水をつけるときは服ではなく、肌に直接つけましょう。

香水は香料とアルコールでできているので、服に直接かけてしまうとシミになってしまう可能性があります。お気に入りの洋服を汚さないためにも、注意が必要です。

香水をつけてはいけないシーン

いつでもどこでも香水の香りを漂わせるのは、マナーとして時にNGです。

お葬式や法事、高級レストラン、寿司屋、料亭、病院などに行くときは香水を控えましょう。

またオフィスでの長時間のデスクワークの際、強い香水の香りは周りへの迷惑となってしまうので、NGではありませんが程々にしておくと良いです。

肌同士を擦り合わせる

手首につけた香水を擦り合わせて馴染ませていませんか?

実はこれ、NGなのです。

香水は絶妙なバランスで香料が調合されており、擦り合わせると成分が破壊され、香りが変化してしまいます。

やってしまいがちな行動ですが、NGなので注意しましょう。

香水を正しく使って、ふんわりと香りを漂わせて

いまさら聞けない香水の正しい知識をご紹介しました。

香水の正しいつけ方や、NGポイントなど、意外と知らないことが多かったのではないでしょうか。

一歩間違えると、周りに不快な思いをさせてしまうので注意が必要です。

正しいつけ方で、良い香りをふんわりと漂わせましょう。

あなただけのVANACCIを手に入れよう

公式オンラインストアにて好評発売中!

購入はこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧