香水がスメハラの原因に?対策法と香りを楽しむ画期的なアイテムをご紹介

香り

香りによって人を困らせる「スメルハラスメント」(以下、スメハラ)は、社会問題の一つです。
体臭や口臭によるものが一般的ですが、良かれと思って付けている香水が原因になることも。
自分では認識しづらいので、知らないうちに人に迷惑をかけてしまっているかもしれません。
今回は、香水によって生じる”スメハラ”の実態と、対策法をご紹介します。
香水を使うことのメリットとデメリットについてもお話するので、香りを嗜む時のご参考になれば幸いです。

社会問題になっているスメルハラスメント


香りが人に与える影響は、とても大きいものです。
嫌な匂いやきつい香りは不快感を与えるだけでなく、健康被害を引き起こすこともあります。
特に最近は体臭や口臭に限らず、香水によるスメハラが問題になっているので要注意です。

主な原因は体臭や口臭

スメハラの代表的な原因は、体臭や口臭による嫌な匂いです。
不快に思っていても指摘しづらいので、本人もなかなか気づけないという悪循環に。
自分が加害者にならないためには、日頃のケアと自己チェックを欠かさないことが大切です。
体臭や口臭を予防する効果的な方法はこちら。

  • 毎日湯船に浸かって、体の汚れをしっかりと落とす
  • 食生活に気を配り、脂っこいものや肉類、匂いの強い食べ物ばかりを食べないようにする
  • 汗拭きシートやマウスウォッシュなどを活用する

一番大切なのは、規則正しい生活習慣を送ること。
不摂生やストレスの溜め込みは、体臭の原因になるからです。
また、その場しのぎの対策では、身体に染み付いた体臭や口臭はなかなか消すことができません。
日頃のケアが重要なので、小まめに対策を行っていくようにしましょう。

香水は逆効果になることがある

こうした匂いを防ぎ、逆に良い香りがする香水をつけることによってスメハラ対策に使われることがありますが、逆効果になってしまうこともあります。
特に問題になっているのが、「強すぎる香り」による被害です。
体臭や口臭を気にするあまり、香水をきつく付けすぎてしまう人は少なくありません。
一見、匂いが誤魔化されているように感じられますが、体臭と混じるとさらに嫌な香りに変化してしまいます。
特に気温が上がり、暑さが本格化する夏の時期は汗をかきやすい季節になります。汗をかくと、普段はあまり気にしない方でも匂いが気になってしまいます。
中でも汗を気にしながら一般のお客様や会社の営業で対面仕事が多い方は、汗の匂いを香水によってカバーする方もいらっしゃるでしょう。その際、無意識のうちに付け過ぎてしまうと、特にお客様との距離が近いお仕事をされる方は汗の匂いと混じって自分が思っている以上に不快感を与えてしまう可能性があります。
そのため、香水によるスメハラを防ぐために大切なことです。

  • 体臭や口臭を先に克服することを考える(そのまま香水を付けない)
  • 香水は1回につき1~2プッシュに留める

香水は、悪臭を誤魔化すためのものではありません。
体臭や口臭があると自覚している場合は香水を付けるのを我慢して、先に根本的解決を目指すのが吉です。
特に汗をかきやすいこれからの季節は、汗をかいたらなるべくハンカチやタオルですぐに拭き取ると良いでしょう。
屋外での作業や外出が多いお仕事の方は、出来れば最低でも1回は着替えをすると、体臭が蓄積せず、なおかつ気分もスッキリするのでお勧めです。もちろん、休憩や仕事の合間にシャワーを浴びることが出来ればベストですが、なかなか仕事場や作業場にシャワーがあるという方は多くないでしょうから、せめて着替えをするだけでも気分が変わります。

また、香水を付ける時は1~2プッシュに留めるようにしておきましょう。
きつい香りは、スメハラの原因になってしまいます。
ほのかに香るくらいの量をを心がけて、調整してみてください。

もしどうしても香水の分量が分からない場合は、香水を販売しているお店に足を運んで店員さんにチェックしてもらうのも良いでしょう。
また、その際に適切な香水の分量を教えてもらうのも重要です。香水の種類によっても分量や付け方は異なりますので、一度プロにアドバイスをもらうのが近道です。

香水を使うことのメリット3つ


香水を使うと、印象をアップさせたりリフレッシュ効果を得たりすることができます。
ほのかな香りは、自分にも他人にも良い影響を与えるもの。
香水を使うことのメリット3つをご紹介します。

ファッションの仕上げになる

香水は、「見えないファッション」と言われることがあります。
ファッションとの親和性が高く、コーディネートによって香りを使い分ける人も少なくありません。
アクセサリーや靴を選ぶように、香りを選ぶ。
香水はただのフレグランスではなく、ファッションの仕上げとしての役割も担っているのです。

心地良い香りは印象アップに繋がる

香りは、人の印象を大きく左右します。
心地良い香りは好印象に繋がり、人を魅力的に演出してくれる効果も。

特に、第一印象をアップさせたい時は、香りを上手く利用するのがおすすめです。
人の第一印象は、出会って2~3秒で決まると言われています。
決め手となるのは視覚・聴覚・嗅覚で、香りが脳に伝達する速度は0.2秒と最も速いのが特徴。
ほのかな香りを身に纏うだけで、第一印象をぐっと上げることができます。

好きな香りによるリフレッシュ効果

自分の好きな香りを身に纏うと、リフレッシュ効果を得られます。
特に仕事中など、気分転換をしたい時には最適です。

また、香りの効果は絶大で、健康面にも良い影響を与えることが証明されています。
アロマテラピーなどがその代表で、心身の疲れを癒したり細胞を活性化させる効果も。
何より、お気に入りの香りを嗅ぐと気分が良くなって、前向きな気持ちになれます。
いつでも好きな香りを楽しめるようにしておくことが、日々を快適に過ごすコツです。

香水を使うことのデメリット3つ

香水は、間違った使い方をすると人に迷惑をかけてしまうことがあります。
特に、スメハラによる健康被害には要注意。
香水を使うことのデメリット3つをご紹介します。

自分では香りの加減が分からない

人は、自分の香りを正確に認識できないという特徴があります。
そのため、香りの加減が難しく、つい香水を過剰に付けすぎてしまいがち。

せっかくの良い香りも、重ねすぎると逆効果になります。
一般的な香水は、身体に1~2プッシュするだけで、4~5時間は香りが継続するもの。
自分では少し物足りないかな?と思うくらいでちょうど良いので、付けすぎないように気をつけましょう。
また、先ほども書いたように香水の販売店で適切な量や付け方を教えてもらうのも効果的です。

苦手な香りで人を不快にさせてしまう

香水の種類は、無限大にあります。
自分にとっては落ち着く良い香りでも、人にとっては苦手で不快な香りである可能性も。
好みの問題なので、対策ができないのが難しいところです。

特に、海外製品のものは要注意。
香りが特殊で強いものが多いので、様子を見ながら付ける量を調整するようにしましょう。

健康被害を引き起こすことがある

意外と知られていませんが、香りの影響力はとても強く、人によっては健康被害を引き起こしてしまうことがあります。
香りが引き起こす代表的な健康被害はこちら。

  • 頭痛やめまい
  • 咳やくしゃみ
  • 香水アレルギーの発症

特に、電車の中やオフィスは密室空間なので影響が大きく、被害は深刻になります。
周りの人の様子を見ながら、香りの加減には気をつけるようにしましょう。

香水によるスメルハラスメント対策

香水によるスメハラを防ぐには、まずは身体を清潔に保つことが大切です。
これから暑くなるので汗をかきやすくなりますが、汗の匂いを消すために大量の香水を付けるのはかえって逆効果。
香水の香りと混じって悪臭を招いてしまうので、要注意です。

体臭を口臭を予防する

体臭や口臭を予防するには、毎日の生活習慣を整えることが重要。
また、日頃のケアを行うかどうかでも大きく変わってきます。

特に夏場は汗をかきやすく、体臭の原因が増える時期です。
小まめに汗をハンカチで拭ったり、職場でも着替えを用意しておくなど念入りに対策をしておきましょう。

香水の種類を選ぶ

スメハラ対策には、TPOに合わせた香水を選ぶことが大切です。
香水は種類によって、最適な季節や香りの強さが違います。

例えば、スパイシーで重めな香りが特徴のオリエンタル系の香水は勤務用には向きません。
職場には爽やかな柑橘系の香水を選ぶなど、シーンに合わせて使い分けるようにしましょう。
香りが強すぎるのではないかと心配な方は、コロンやボディミストの使用がおすすめです。
香水よりも匂いが柔らかくほのかに香るので、人に不快な思いをさせる可能性が低くなります。

香るアクセサリーを活用する

香水を直接肌に付ける以外に、人に迷惑をかけず、自分だけの香りを楽しむ方法があります。
それは、「香るアクセサリー」を活用すること。
香るアクセサリーとは、香水を吹きかけて使えるイヤリングやブレスレットなどのフレグランスアイテムです。
肌に直接付けないのでほのかに香り続け、誰にも迷惑をかけずに好きな香りを楽しめるというメリットがあります。
私たちが展開している、香りのアクセサリーをご紹介します。

Vanacciはほのかな香りを楽しめるブレスレット


私たちが展開しているブレスレットVanacciは、香水を吹きかけて使える「香るブレスレット」です。
惑星をモチーフにしたデザインが特徴で、職場でも使えるのが魅力。
ほのかに香りが継続するので、スメハラ対策にはぴったりなフレグランスアイテムです。

香りを吸収するロックストーンの仕組み

香るブレスレットVanacciの秘密は、独自素材のロックストーンにあります。
毛細管現象の科学を応用して開発されたストーンで、香りを素早く吸収してくれるのが特徴。
吸収された香りは深部に染み込み、ゆっくりと蒸発していきます。
これが香りを長持ちさせる仕組みで、その効果は絶大です。
香水を肌に直接吹きかけた時よりも、最大で7倍も香りが長持ちします。

勤務中でも着けられるデザインが魅力

Vanacciのブレスレットは、洗練されたミニマルデザインを採用しているのが特徴。
カラーラインナップもシンプルなものが多いので、勤務中でも問題なく使っていただけます。
スーツとの馴染みも良く、男女問わず職場で使えるのが嬉しいところ。
仕事でもプライベートでも、香るアクセサリーとして活用できます。
職場でのスメハラ対策を考えている方は、ぜひ検討してみてくださいね。

人に迷惑をかけずに香りを楽しめる

香水を楽しみたいけど、スメハラになるのが心配であまり付けられない…そんな人にこそ、Vanacciのブレスレットはおすすめです。
手元で香りを楽しめるので、人に迷惑をかけることなく自分の好きな香りを堪能できます。
また、Vanacciのブレスレットを使えば、香りを自由にコントロールすることが可能に。
着脱が簡単なので、香りを抑えたい時はすぐに外すことができます。
人に迷惑をかけずに香りを楽しめるのが、フレグランスブレスレットとしてのVanacciの魅力です。

スメハラ対策にはVanacciのブレスレットを活用しよう

スメハラは、どんな人も加害者になりうる社会問題です。
香りがもたらす影響を考えると体臭や口臭の予防はもちろん、香水の付け方にも注意しなくてはいけません。
自分の好きな香りをいつでもどこでも楽しみたい方は、ぜひVanacciのブレスレットを活用してみてくださいね。

あなただけのVanacciを手に入れよう

公式オンラインストアにて好評発売中!

購入はこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧