香水を季節によって使い分けるというご提案|春夏秋冬に合った香り

香るブレスレットの香りコラム

日本は、美しい四季を味わえる数少ない国の一つです。
季節に合わせてファッションを楽しめるのは、とても喜ばしいこと。
新しい季節の変わり目は、新鮮な空気に何だかワクワクしますよね。

そこで私たちが今回お伝えしたいのは、「香水も季節によって使い分ける」というご提案。
衣替えをするように香水も季節に合ったものを使用すれば、ワンランク上のお洒落を演出できます。
この記事の内容は、香水を季節によって使い分けるメリットと春夏秋冬に合う香りについてのご紹介です。
これからの新たな季節に向けて香水を一新する予定の方は、ぜひご参考にしてみてくださいね。

香水を季節によって使い分けるメリット3つ

香水を季節によって使い分けることは、自分の印象に大きな変化をもたらします。
いつもと違う香りでイメチェン効果を発揮でき、自分にとっても良い気分転換に。
まずは、香水を季節によって使い分けるメリット3つをご紹介します。

気分転換になる

人は、変化に敏感な生き物です。
いつもと違う選択をするのは勇気が要りますが、変化を受け入れると新たな自分に出会うきっかけに。
身に纏う香りを変えると良い気分転換になり、フレッシュな視点を取り入れられるようになります。
また、季節に合わせて香りを選ぶことで、四季の移り変わりをより実感できるようになるというメリットも。
いつも同じ香水で、ファッションやライフスタイルがマンネリ化している人にこそ、おすすめなご提案です。

季節外れ感が無くなる

ファッションにおいて、「季節感」はとても大切な要素です。
お洒落なコーディネートでも季節感が欠けていると、全体が惜しい印象になってしまいがち。
これは、洋服や小物の組み合わせだけの話ではありません。
ファッションの一部である香水の選び方も、季節感を左右する重要な項目。
例えば、暑い夏の日に甘くて重たいムスク系の香水を付けている人がいると、少し違和感を感じますよね。
その違和感こそが、「季節外れ感」の原因になります。
周りの人に違和感を与えず洗練されたコーディネートを完成させるためにも、季節に合った香りを意識することが大切です。

ファッション上級者になれる

ファッションは、全体のコーディネートのバランスが重要。
季節感のお話と同様に、服装だけでなく髪型や小物、纏う香水もコーディネートの一部に含まれていると考えましょう。
とはいえ、季節に応じて香水をこまめに付け替えている人はまだまだ少数派です。
春夏秋冬に馴染む香りがあるということを知らない人も多いので、ファッションで差をつけるならここが狙い目。
季節に合った香りを身に纏うだけで、ファッション上級者になることができます。

春夏秋冬に合う香りをご紹介

ここからは、春夏秋冬に合う香りについて具体的にご紹介していきます。
それぞれ男性・女性別にも、おすすめな香りをまとめてみました。
季節特有の注意点についても、お話していきますね。

春におすすめな香り

春におすすめなのは、フローラル系の華やかな香り。
フローラル系は万人受けするのものが多いので、新たな出会いの季節には最適です。
また、女性はフェミニンなローズ系、男性は清潔感のあるグリーン系を選ぶと好印象に。
気分が明るく朗らかになるような、優しい香りを選んでみてくださいね。

注意点
春は、空気が乾燥しているので香りの成分が飛びやすいのがデメリット。
外では花の匂いも強くなり、全体的に香水の香りが薄くなる傾向にあります。
お出かけ前は、普段より少し多めに香水を付けるようにしておきましょう。

夏におすすめな香り

夏は、爽やかで清涼感のある香りを選ぶと印象が良くなります。
おすすめは、柑橘系や石鹸系の香水。
男性は石鹸系やミント系、女性は少し甘酸っぱさもあるフルーツ系を使ってみてはいかがでしょうか。
暑く蒸しやすい季節は、重たくて個性の強い香りを避けるのが無難です。

注意点
夏は、汗をかきやすい時期。
体臭と混ざって悪臭にならないように、身体のケアを徹底することが重要です。
また、重たくてきつい香りは不快感を与える原因にもなりかねません。
香水はコロンやボディミストなどほのかに香るタイプを選ぶのがおすすめです。

秋におすすめな香り

秋は、お洒落で個性的な香りに挑戦するチャンス。
「お洒落の秋」を堪能するためにも、少し冒険をしてみるのもいいかもしれません。
おすすめは、ウッディ系やスパイス系などのエキゾチックな香り。
どちらもユニセックスで使えるので、性別にこだわらず好きな香りを選んでみましょう。

注意点
秋は、半袖から長袖にしっかり衣替えをする時期。
意外と見落としがちですが、クローゼットに入れっぱなしの衣類の匂いは厄介です。
香水を付ける前に、秋服の洗濯やクリーニングを忘れないようにしましょう。

冬におすすめな香り

冬によく馴染むのは、甘くて重たい大人な香り。
官能的でセクシーな香りとも相性が良いので、ムスク系やバニラ系の香水がおすすめです。
同じ香りの系統でも男性用と女性用では重厚感に違いがあるので、気をつけてくださいね。

注意点
冬は低体温になるので、香りが放たれにくいのが特徴。
服装も厚着に覆われて肌の露出が少なくなるので、少し多めに付けるくらいがベスト。
上着にも吹きかけておくと、脱いだ時にほのかな良い香りがするのでおすすめです。

Vanacciも季節によって使い分けを

私たちが展開しているフレグランスブレスレットVanacciでは、1つのブレスレットに1つの香水を使うことを推奨しています。
理由は、異なる香水の成分が混ざって独特な香りになってしまうのを防ぐため。
香水本来の香りをお楽しみいただくためにも、大切な使い方です。

さらにおすすめなのは、Vanacciも季節に合わせて使い分けること。
ただ、春夏秋冬用にそれぞれ購入するのは、少しハードルが高いですよね。
そんな時は、春夏・秋冬で2個のVanacciを使い分けるのがおすすめです。
ポイントは、Vanacciのカラーやデザインも意識しながら組み合わせを選ぶこと。
例えば、

  • 春夏は明るいホワイトカラーのVanacci×爽やかなフローラル系の香水
  • 秋冬はシックなブラックカラーのVanacci×甘くて官能的なムスク系の香水

といった感じです。
こういった組み合わせをすることで、香りの使い分けとお洒落を同時に楽しむことが可能に。
Vanacciは性別や状況を問わずお使いいただけるミニマルデザインなので、あらゆるファッションの方にもおすすめです。

香水を季節によって使い分けるというご提案【まとめ】

香水は、その人のアイデンティティにもなる大切な嗜みです。
1つの香りをずっと身に纏い続けるのもいいのですが、たまには季節に応じて使い分けるのもおすすめ。
それは、私たちが展開しているフレグランスブレスレットVanacciでも同じです。
季節の変わり目にお洋服の衣替えをするように、香水やVanacciも四季に応じて使い分けてみてくださいね。

あなただけのVanacciを手に入れよう

公式オンラインストアにて好評発売中!

購入はこちら
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧